3Dモデリング

Fusion360の押し出し機能で植木鉢を作る

3Dモデリング

誰でも簡単にできる植木鉢はデータ作成におすすめです。

材質もあまり考えないでよく、寸法精度もそこまで必要がない、シンプルな植木鉢はデータ作成をするうえでいい練習になります。それをFusion360で説明していきます。

今回は立方体を作って、そこをくりぬいて、そこに水はけ用の穴をあける。さらに角を取る。この工程のやり方です。完成イメージはこれです。これを作っていきます。

動画で操作画面を見せます。

これをstl形式でダウンロードし、スライサーソフトで変換することで3Dプリンターで出力することが可能です。

 

コメント